極悪非道(読み)ごくあくひどう

大辞林 第三版の解説

ごくあくひどう【極悪非道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
この上なく悪く、人の道にはずれている・こと(さま)。 「 -な振る舞い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごくあく‐ひどう ‥ヒダウ【極悪非道】

〘名〙 (形動) この上なく悪く、道理や人情にはずれること。また、そのさま。極悪無道。
※風媒花(1952)〈武田泰淳〉一二「極悪非道の村のボスは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極悪非道の関連情報