コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉屋信子 よしやのぶこ

7件 の用語解説(吉屋信子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉屋信子
よしやのぶこ

[生]1896.1.12. 新潟
[没]1973.7.11. 鎌倉
小説家。栃木高等女学校在学中から少女雑誌に投稿を始め,1917年から『花物語』 (1924刊) を『少女画報』に連載。一方 19年『地の果まで』が『大阪朝日新聞』の懸賞に入賞して文壇にデビュー,『海の極みまで』 (21~23) で不動の地位を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしや‐のぶこ【吉屋信子】

[1896~1973]小説家。新潟の生まれ。キリスト教的な理想主義や清純な感傷性によって多くの女性の支持を得た。作「地の果まで」「良人の貞操」「鬼火」「徳川の夫人たち」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉屋信子【よしやのぶこ】

小説家。新潟県生れ。栃木高女卒。《大阪朝日新聞》の懸賞当選作《地の果まで》で文壇に出た。《女の友情》《良人の貞操》その他多くの家庭小説少女小説を書き,広く女性読者を獲得。
→関連項目吉田五十八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉屋信子 よしや-のぶこ

1896-1973 大正-昭和時代の小説家。
明治29年1月12日生まれ。栃木高女在学中から少女小説を投稿,大正6年「花物語」でみとめられ,昭和11年の新聞小説「良人(おつと)の貞操」などで流行作家となる。27年「鬼火」で女流文学者賞。「徳川の夫人たち」などの歴史小説でも知られた。昭和48年7月11日死去。77歳。新潟県出身。
【格言など】秋灯(あきともし)机の上の幾山河(母校の句碑)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしやのぶこ【吉屋信子】

1896‐1973(明治29‐昭和48)
小説家。家庭小説の代表的存在だった。新潟県生れ。栃木高女在学中から少女雑誌に投稿,卒業後作家を志して上京,1917年の〈鈴蘭〉に始まる《花物語》の連作で注目され,少女小説や童話の書き手として認められたが,さらに19年《地の果まで》で《大阪朝日新聞》の長編懸賞に当選し,つづいて《海の極みまで》を発表,家庭小説の作家としての地歩をかためた。キリスト教的理想主義に基づく人間肯定の立場が広く読者を獲得することとなり,《女の友情》(1933‐34),《良人の貞操》(1936‐37)などが話題を呼び,広く女性読者の共感と支持を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしやのぶこ【吉屋信子】

1896~1973) 小説家。新潟県生まれ。栃木県立高女卒。少女小説の作家として出発。穏健な道徳観に基づいた家庭小説で人気を獲得。代表作「良人の貞操」「鬼火」「徳川の夫人たち」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉屋信子
よしやのぶこ
(1896―1973)

小説家。明治29年1月12日官吏である父の任地新潟県で生まれ、栃木高等女学校卒業。少女雑誌の投書家として出発し、卒業後上京、1917年(大正6)から書き始めた『花物語』(1924)で少女読者の人気を博した。19年『地の果まで』が『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選して、大衆通俗小説の分野に進出。『女の友情』(1933~34)、『良人(おっと)の貞操』(1936~37)など、キリスト教的な理想主義に叙情のベールをかぶせた作品で女性大衆に受け、男の菊池寛(かん)と並び称される大衆作家の第一人者になった。第二次世界大戦後は純文学にも意欲を燃やし、『鬼火』(1952。女流文学者賞受賞)、『凍蝶(いてちょう)』(1953)で名もない市井人の日常を簡潔に描いた。救世軍の山室軍平の生涯を追った『ときの声』(1965)では伝記小説にもさえた腕前をみせ、晩年の大作歴史小説『徳川の夫人たち』(1966)では、硯友社(けんゆうしゃ)調の美文体と内容の完全な一致をみて、文業を完成した。昭和48年7月11日没。鎌倉市にある旧居は吉屋信子記念館となっている。[江刺昭子]
『『吉屋信子全集』全12巻(1975~76・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉屋信子の関連キーワード菊池幽芳家庭小説ギッピウスドノソブロンテボッカチオ氷室冴子重力の虹「恋愛小説家」佐藤愛子(1)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉屋信子の関連情報