楽律(読み)がくりつ

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐りつ【楽律】

〘名〙 中国や日本の伝統音楽で使われた音律の呼称。十二律。
※黄葉夕陽邨舎詩‐前編(1812)三・開元琴歌「中古教化号隆盛、楽律和協礼儀端」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の楽律の言及

【音律】より

音階を構成する諸音の音高関係を数理的に規定したものを音律と呼び,一定の音律に従って楽器の音を整えることを調律という。中国および日本では,音律に近い概念を表す言葉として楽律が用いられてきた。音律は古来,地域的にも歴史的にも種々のものが考案されてきたが,その中には純理論的・数学的な関心から生まれ,実用に付されなかったものも少なくない。…

【律】より

…音の高さ,およびその規定。楽律ともいう。中国では古来国家体制の変革とともに度量衡の改定が行われ,その規準として音律を定め,その音律を出すことのできる律管の長さや容積を度量衡の規準としたために音律が重視され,音律の意味で単に〈律〉とも称した。…

※「楽律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android