コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽律 ガクリツ

大辞林 第三版の解説

がくりつ【楽律】

音楽に用いる音の高さの規定。音律。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の楽律の言及

【音律】より

音階を構成する諸音の音高関係を数理的に規定したものを音律と呼び,一定の音律に従って楽器の音を整えることを調律という。中国および日本では,音律に近い概念を表す言葉として楽律が用いられてきた。音律は古来,地域的にも歴史的にも種々のものが考案されてきたが,その中には純理論的・数学的な関心から生まれ,実用に付されなかったものも少なくない。…

【律】より

…音の高さ,およびその規定。楽律ともいう。中国では古来国家体制の変革とともに度量衡の改定が行われ,その規準として音律を定め,その音律を出すことのできる律管の長さや容積を度量衡の規準としたために音律が重視され,音律の意味で単に〈律〉とも称した。…

※「楽律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楽律の関連キーワード新撰楽道類集大全順八逆六の法則律(音楽)夢渓筆談田辺尚雄中国音楽中川守脱往生要集天台律宗安楽律院続教訓鈔李きょう朱載いく律原発揮律呂正義天台宗安楽律毛奇齢極楽寺体源抄

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android