四捨五入(読み)シシャゴニュウ

  • ししゃごにゅう ‥ゴニフ
  • ししゃごにゅう〔ゴニフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)計算で、求めるけたの次の端数が4以下なら切り捨て、5以上なら切り上げて1とし、求めるけたに加える方法。「小数第三位を四捨五入する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 近似値を求めるときの端数を処理する方法の一つ。端数の最初の位が四以下のときは切り捨て、五以上のときは切り上げる。
※地方凡例録(1794)三「一毛四など出たる時は、捨て一毛余と記し、是を四捨五入といふて」
② 比喩的に、物事の細かい点を考えずに、大まかなこととして把握すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

端数の最初が四以下のときは切り捨て、五以上のときは切り上げること。また、比喩的に、物事の細かい点を考えずに、大まかなこととして把握すること。

[活用] ―する。

[使用例] それはあの人が、何かの都合で、自分の過去を四捨五入し簡明に整理しようとして書いたのではなかろうか[太宰治*惜別|1945]

[使用例] ボアソナードは調査のすえ、台湾は“無主の地”であるとした。が、ボアソナードは、四捨五入しすぎている。清朝は台湾についてはこれを視野に入れつつも、精密な領有化には不熱心だっただけである[司馬遼太郎*台湾紀行|1994]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android