コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原忠政 さかきばら ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原忠政 さかきばら-ただまさ

1541-1601 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)10年生まれ。16年人質として駿河(するが)(静岡県)におもむく徳川家康小姓としてしたがう。姉川,長篠(ながしの)などの戦いに参加。のち徳川秀忠(ひでただ)に属し,天正(てんしょう)18年家康の関東入国時に相模(さがみ)(神奈川県)大住郡に2300石をえた。慶長6年4月3日死去。61歳。通称は平七郎,弥平兵衛,隼之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

榊原忠政

没年:慶長6.4.3(1601.5.5)
生年天文10(1541)
戦国・安土桃山時代の武将。通称は平七郎,弥平兵衛,隼之助とあり,摂津守を称している。榊原忠次の子で,徳川家康が天文16(1547)年,「人質」として駿府に赴くとき,小姓としてこれに従った。永禄3(1560)年の尾張丸根城攻めで戦功をあらわし,同12年の懸川城攻めのときには軍奉行を務めている。元亀3(1572)年,兄忠直討死ののち,あとを継いだ。その後,長篠の戦,高天神城の戦などにも戦功をあげたが,最終的には家康が関東に移封されたとき,相模国大住郡で2300石を与えられたのが最高であった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

榊原忠政の関連キーワード久留里城没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android