コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉川 あねがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姉川
あねがわ

滋賀県北東部の川。上流梓川ともいう。全長 31km。伊吹山地北部の新穂山付近に源を発し,伊吹山の西の谷を南流し,谷口に扇状地を形成して流路を西に転じる。途中で草野川,高時川を合流して沖積地をつくり,琵琶湖に注ぐ。上流は深雪地帯で,林産地。下流は水田地帯。旧河道にあたる長浜市では湧水が豊富で,縮緬工業の立地要因をなす。中流沿岸には元亀1 (1570) 年の姉川の戦い古戦場跡がある。河口のアユ漁は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あね‐がわ〔‐がは〕【姉川】

滋賀県北東部を流れる川。伊吹山に源を発し、草野川・高時川と合流、琵琶湖(びわこ)へ注ぐ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あねがわ【姉川】

滋賀県北部の川。伊吹山地の新穂(しんぽ)山(1067m)付近に源を発し,伊吹山の西麓を南流して谷口の伊吹町付近で西に方向を転じ,草野川,高時川の支流を合わせて琵琶湖北東岸に注ぐ。幹川流路延長36.5km,全流域面積371.4km2。上流部は積雪2mをこえる深雪地域で,最奥の伊吹町甲津原は平家の落人集落といわれる秘境であったが,近年,奥伊吹青少年旅行村が開設され,キャンプ場に変貌しつつある。中・下流部は滋賀県最大の養蚕地帯で,堤防の内外に桑園が多く,河口はアユ漁で知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あねがわ【姉川】

滋賀県北東部を流れる川。伊吹山地に源を発して琵琶湖に注ぐ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕姉川(あねがわ)


滋賀県北東部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長36km。伊吹(いぶき)山地の新穂(しんぽ)峠付近に源を発し、南流して伊吹山西麓(せいろく)から西流し、高時(たかとき)川を合わせ琵琶(びわ)湖に注ぐ。中流域の浅井(あざい)町付近は1570年(元亀(げんき)1)の姉川の戦いの古戦場。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姉川
あねがわ

滋賀県北東部を南流して琵琶(びわ)湖に注ぐ川。岐阜県境の新穂(しんほ)峠に源を発し、米原(まいばら)市北部をほぼ直線状に南下したのち西に方向を転じ高時川をあわせ、長浜(ながはま)市南浜付近で琵琶湖に注ぐ。延長約40キロメートル、流域面積約685平方キロメートル。古くから荒れ川として知られ、姉川扇状地には4条の旧河道と思われる河川もみられる。上流部は深雪地で林業地帯、中流域の長浜市野村は姉川の戦いの地。河口の南浜は近世に水運で栄えた。2002年(平成14)上流の米原市曲谷(まがだに)に姉川ダムが完成、ダムによって白龍湖が出現している。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

姉川の関連キーワード佐賀県神埼市神埼町姉川中村 鶴蔵(2代目)姉川千代三郎(初代)姉川新四郎(2代)姉川新四郎(3代)滋賀県長浜市野村町滋賀県長浜市三田町中山新九郎(初代)姉川新四郎(4代)嵐三右衛門(7代)中村鶴蔵(2代)池野浪之助浅井〈町〉小笠原長忠びわ[町]虎姫〈町〉浅井[町]虎姫[町]伊吹[町]服部半蔵

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姉川の関連情報