コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造調整融資 こうぞうちょうせいゆうし structural adjustment lending; SAL

1件 の用語解説(構造調整融資の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造調整融資
こうぞうちょうせいゆうし
structural adjustment lending; SAL

国際復興開発銀行 (世界銀行) が 1980年に打出した構想で,プログラム借款の一種。発展途上国の政策,制度改革を支援するために実施されている。市場原理導入,価格体系見直しなどのための政策や制度の変更を含む構造調整計画を借入国に義務づけ,これに必要な資金を融資する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造調整融資の関連キーワードIDAIBRD国際開発協会国際復興開発銀行世界銀行グループヨーロッパ復興開発銀行欧州復興開発銀行IBRD(International Bank for Reconstruction and Development)国際復興開発銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)世界銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone