コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様なり ヨウナリ

1件 の用語解説(様なりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よう◦なり〔ヤウなり〕【様なり】

[連語]《形式名詞「よう」+断定の助動詞「なり」》活用語の連体形、体言に助詞「の」「が」を添えたものに付く。
ある事物の性質・状態が他の事物に似ている意を表す。
「荒れぬ日なく降り積む雪にうちながめつつ明かし暮らし給ふ心地、尽きせず夢の―◦なり」〈・総角〉
ある事物の内容が他に等しい意を表す。…と同じだ。
「かぐや姫のたまふ―◦にたがはず作り出でつ」〈竹取
例示の意を表す。たとえば…のようだ。
「増賀聖のいひけん―◦に名聞(みゃうもん)ぐるしく、仏の御をしへに違(たが)ふらん」〈徒然・一〉
(多く「…せむ」「…べし」「…まほし」などを下に伴って「やうに」の形で)願望・意図を表す。
「すべて男(をのこ)をば、女に笑はれぬ―◦に生(お)ほし立つべしとぞ」〈徒然・一〇七〉
そういう状態であることを表す。…ありさまである。→ごとし
「わがため面目ある―◦に言はれぬるそらごとは人いたくあらがはず」〈徒然・七三〉
[補説]平安時代から室町時代まで用いられたが、初めは、文章語・男性語的な「ごとくなり」に対し、口頭語・女性語的な語として、和文に用いられた。のち、「ようだ(ような)」となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

様なりの関連キーワードだてだろうでしょうななりなのだなのですならむなりけりなれやものぞ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

様なりの関連情報