コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如し ゴトシ

デジタル大辞泉の解説

ごとし【如し】

[助動][○|ごとく|ごとし|ごとき|○|○]活用語の連体形、体言、助詞「の」「が」に付く。
比喩(ひゆ)的に、同等・類似の意を表す。…と同じだ。…のとおりだ。…のようだ。
「あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」〈・三二八〉
「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」〈平家・一〉
例示を表す。たとえば…のようだ。…など。
「和歌、管絃、往生要集ごときの抄物(せうもつ)を入れたり」〈方丈記
不確実な断定を表す。…のようだ。…らしい。→ごとき
「松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹きたわめて、屈曲おのづからためたるがごとし」〈奥の細道
[補説]「ごとし」は、中古では多く漢文訓読文に用いられるが、語幹にあたる「ごと」は上代・中古の和歌などに用いられた。3は、中世以後の用法で、近代文語文にもみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

如しの関連キーワード玉の杯・玉の巵・玉の盃吉凶は糾える縄の如し禍福は糾える縄の如し例によって例の如し形に影の添う如し魚の木に登る如し赤貧洗うが如し歳月流るる如し傾蓋故の如し大弁・大辯生仏不二白駒過隙件の如し舌を翻す矢の如し活用語山粧う連体形おろく執達状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如しの関連情報