コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口勘次郎 ひぐち かんじろう

2件 の用語解説(樋口勘次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口勘次郎 ひぐち-かんじろう

1872*-1917 明治時代の教育学者。
明治4年11月27日生まれ。32年「統合主義新教授法」をあらわし,子どもの自発的活動を重視する活動主義教育を主張。33年ヨーロッパに留学,帰国後は「国家社会主義新教育学」などを刊行し,国家社会主義的色彩をつよめた。大正6年12月13日死去。47歳。長野県出身。高等師範卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

樋口勘次郎

没年:大正6.12.13(1917)
生年:明治4.11.27(1872.1.7)
明治期の教育者。長野県生まれ。長野師範卒業後,小学校の訓導を経て,明治25(1892)年東京高等師範学校に入学。卒業と同時に同校附属小学校の訓導となる。32年に『統合主義新教授法』を著し,子どもの自発活動を尊重する「活動主義」を提唱。のちの大正自由教育運動の先駆的役割を果たす。33年から約3年間欧州に留学。帰国後『国家社会主義新教育学』を著し(1904),教育を国家発展のための事業と位置づける。その主張の変容は当時の教育体制下での「活動主義」の限界を示すものともなる。帰国後は早稲田大学講師,帝国教育会理事などを歴任。<参考文献>中野光『大正自由教育の研究』

(山本正身)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樋口勘次郎の関連キーワード赤羽長重一志茂樹岩田健治大江礒吉岡村千馬太小島政吉小林多津衛佐藤寅太郎藤森省吾寄藤好実

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone