コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準下体保険 ひょうじゅんかたいほけんinsurance of substandard lives

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準下体保険
ひょうじゅんかたいほけん
insurance of substandard lives

生命保険の一種。保険契約の対象となる被保険者が,肉体上の欠陥,危険な職業その他の理由によって保険会社の標準とする状態 (標準体) に適合しない場合を標準下体または弱体といい,これらの者を対象として特殊条件を付加して加入を認める保険をいう。したがって標準下体者の場合には,標準体の者と比較して割高の保険料を各種基準に基づいて負担したり,契約後一定期間内は保険金が削減されたりすることを条件に保険に加入することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保険基礎用語集の解説

標準下体保険

標準下体を対象とする保険のことを指します。一般の健康体のもつ死亡率に比して、身体に医的欠陥があったり危険な職業に従事している人々の死亡率は、そうでない人より高いので、危険度に応じた特別条件付きの保険が提供されます。特別条件には逓減性危険に対する保険金削減支払法、逓増性危険に対する年増法、特別保険料徴収法、あるいは両者の併用法があります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

標準下体保険の関連キーワード生命保険

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android