コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標石 ひょうせきstone monument; stone mark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標石
ひょうせき
stone monument; stone mark

三角点,水準点などの位置を示すために埋設された柱,コンクリート柱または真鍮などの金属鋲による耐久的な標識。測量法では仮設的または一時的なものを含めて測量標といっている。日本の標石は測量法施行規則 (昭和 24年省令 16号) によって,種類,形,大きさが決められている。三角点,多角点の場合は柱石と盤石から成るが,水準点は柱石のみである。耐久的な標石はほかに,地形測量用の図根点標石,方位標石,磁気点標石,基線尺検定標石,基線標石がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐せき〔ヘウ‐〕【標石】

目印の石。また、道標に立てた石。「国分寺跡の標石
測量で、三角点や水準点に埋設される石。多く花崗岩の角柱が用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうせき【標石】

水準点や三角点の標識として地面に埋められた花崗岩製の角柱。一等水準点標石・二等三角点標石など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の標石の言及

【三角点】より

…このほか,近年では三角点の位置を繰返し測量により求め,その位置変化のようすから地殻の変形を検知するなど地震予知の分野にも役立てられている。三角点の標識としては,ふつう石柱を地面に埋めたもの(標石)が用いられている。世界各国ではその国状や地形などを考慮してさまざまな規格の三角点を目的に応じて設置している。…

※「標石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

標石の関連キーワード勝尾寺旧境内牓示八天石蔵および町石日本水準原点テルミヌス陸地測量標三殿台遺跡ローマ道水準原点抵当標石コパン球分体富士山基準点道標目印標高

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標石の関連情報