コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三角点 サンカクテン

6件 の用語解説(三角点の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんかく‐てん【三角点】

三角測量によって地球上の位置(経度緯度)が定められる点。花崗岩(かこうがん)製の角柱を埋めてその位置を示す標石とする。日本では一等から四等までの等級に分けられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三角点【さんかくてん】

三角測量において三角網の頂点となり,その水平位置が正確に決定されている地点。高さも与えられており,地理的経緯度,平面直角座標,真北方向角,他の幾つかの三角点に至る距離と方向が定められている。
→関連項目三角形三角法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんかくてん【三角点 triangulation point】

三角測量などによってその位置が決められた地表の点。国土の精密な地形図を作成するためには,地球上での位置(経度,緯度,高さ)のわかった点が対象となる地域内に適当な密度で設置されている必要がある。三角点の第1の役割は地図作成のために位置の基準を与えることである。このほか,近年では三角点の位置を繰返し測量により求め,その位置変化のようすから地殻の変形を検知するなど地震予知の分野にも役立てられている。三角点の標識としては,ふつう石柱を地面に埋めたもの(標石)が用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんかくてん【三角点】

三角測量によって求められた測地の基準となる点。また、基準点に埋設された花崗かこう岩製の標識。一等から四等までの等級があり、各等級の点を結びつけてつくられた三角網はそれぞれ上級の三角網のすきまを埋めて全国をおおう三角網となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三角点
さんかくてん

三角測量」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三角点
さんかくてん
triangulation point

三角測量によって地球上の位置(経緯度)が定められた点。花崗岩(かこうがん)製の角柱が埋設してあり、その位置を示す。これを三角点標石というが、この標石が破損、亡失した場合にも位置がわかるように、標石の真下に花崗岩製の磐石(ばんせき)が埋設されている。三角点は互いに見通せる地点に選ぶため、山頂に設けることが多いが、見通しさえあればよいので、かならずしも最高点に設けるとは限らず、平地に設けられた三角点も多い。
 三角点の経緯度は三角測量によって求められた測地経緯度であり、天文測量によって求めた天文経緯度とはかならずしも一致しない。この差を鉛直線偏差といい、日本では20秒以上の鉛直線偏差も観測されている。
 日本の三角点は一等から四等までの等級に分けられ、それぞれ一等三角網、二等三角網などをつくり、上級の三角網のすきまを順次埋め、日本全国を均一な三角網で覆っている。このうち三等以上の三角点は旧陸軍の参謀本部陸地測量部によって5万分の1の地形図作成のための基準点として設置されたが、地殻変動の検知などにも利用されている。四等三角点は第二次世界大戦後、国土調査の基準点とするために測量が始められ、毎年設置点数は増加してきたが、電子基準点を用いたGNSS測量の普及に伴い、2010年代後半以降の新設点数は減少している。また花崗岩製の標石ではなく、ビルの屋上などには金属製の金属標が埋められる場合もある。
 2016年(平成28)時点の三角点の等級別総数は、1等三角本点・補点975(平均辺長45キロメートル・25キロメートル)、2等三角点5034(平均辺長8キロメートル)、3等三角点3万1870(平均辺長4キロメートル)、4等三角点7万2005(平均辺長1.5キロメートル)となっている。[尾崎幸男・辻 宏道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三角点の言及

【三角測量】より

…地上に配置された複数の三角点を線分で結んで形成される網(三角網)において,各線分間の角(水平角)を測定して三角点の水平位置(経度,緯度)を求める測量。地球上での三角点の位置は,旧来経度,緯度,高さの3量によりあらわされるのが普通である。…

※「三角点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三角点の関連キーワード基線測量三角測量測地原点多角測量トラバース測量三角量法手簿測地網一等三角測量偏角法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三角点の関連情報