コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権力と栄光 けんりょくとえいこう The Power and the Glory

3件 の用語解説(権力と栄光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権力と栄光
けんりょくとえいこう
The Power and the Glory

イギリスの作家 G.グリーンの小説。 1940年刊。メキシコにおける共産主義政権のカトリック弾圧のもと,「ウイスキー坊主」と呼ばれる放埒な司祭が信仰のために栄光ある死をとげる物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

権力と栄光

英国の作家グレアム・グリーン長編小説(1940)。原題《The Power and the Glory》。『逃亡者』の邦題もある。1947年ジョンフォード監督で映画化(邦題『逃亡者』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権力と栄光
けんりょくとえいこう
The Power and the Glory

イギリスの作家グレアム・グリーンの長編小説。1940年刊。革命下のメキシコを舞台とし、禁を犯してミサをあげ続ける一神父が主人公逃避行のさなか、落後者、犯罪者などの世界に入り込み、そこに真の神の愛をみいだす。ついには革命を信ずる警部に捕らえられ、銃殺される。この2人の対決が作品の中心をなし、メキシコ僻地(へきち)の描写に迫力がある。[海老根宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権力と栄光の関連キーワード名誉領事密使内なる私叔母との旅喜劇役者キホーテ神父ここは戦場だ事件の核心スタンブール特急第十の男

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone