放埒(読み)ホウラツ

  • ほうらち ハウ‥
  • ほうらつ ハウ‥
  • ほうらつ〔ハウ〕
  • 放×埒

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《馬が柵(さく)である埒(らち)からはなれ出る意》
勝手気ままでしまりのないこと。また、そのさま。「放埓な文章」「放埓な行動をとる」
身持ちの悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。「放埓の限りを尽くす」「夜ごと放埓な日を送る」
[派生]ほうらつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) =ほうらつ(放埒)
高野山文書‐文永八年(1271)七月日・金剛峯寺年預置文案「但不住山之間、及濫行放埒(ハウラチ)者不之」
〘名〙 (形動) (馬が馬場の周囲の柵である(らち)を放たれるというところから)
① 勝手気ままにふるまうこと。きまりやしきたりに従わないこと。また、そのさま。放縦
※中右記‐嘉承元年(1106)三月一〇日「今夕雖参内、所望放埒之由有風聞、仍不出仕
※筑波問答(1357‐72頃)「上手と言はれむ程の人は、地連歌にも放埒の悪き句をばせぬ事なり」
② (━する) ふしだらな行ないをすること。身持が悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。放蕩。遊蕩。
※名語記(1275)五「わが一門の人の放埒したるを、おもてぶせといへる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放埒の関連情報