コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放埒 ホウラツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐らつ〔ハウ‐〕【放×埒】

[名・形動]《馬が柵(さく)である埒(らち)からはなれ出る意》
勝手気ままでしまりのないこと。また、そのさま。「放埓な文章」「放埓な行動をとる」
身持ちの悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。「放埓の限りを尽くす」「夜ごと放埓な日を送る」
[派生]ほうらつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

放埒の関連キーワードビオー(Théophile de Viau)フォールスタッフウェーデキントギリシア文学ボードレールバッカナールコンスタン消極的自由稲毛 多喜タレーラン権力と栄光インド神話ブレヒト二重人格藤田宜永ケステンパンの会霊元天皇水野忠辰災異思想

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放埒の関連情報