コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放埒 ホウラツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐らつ〔ハウ‐〕【放×埒】

[名・形動]《馬が柵(さく)である埒(らち)からはなれ出る意》
勝手気ままでしまりのないこと。また、そのさま。「放埓な文章」「放埓な行動をとる」
身持ちの悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。「放埓の限りを尽くす」「夜ごと放埓な日を送る」
[派生]ほうらつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

放埒の関連キーワードビオー(Théophile de Viau)フォールスタッフウェーデキントバッカナールボードレールギリシア文学稲毛 多喜コンスタン消極的自由タレーランインド神話権力と栄光ブレヒト藤田宜永二重人格ケステンビート派水野忠辰災異思想霊元天皇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放埒の関連情報