コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放埒(読み)ホウラツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐らつ〔ハウ‐〕【放×埒】

[名・形動]《馬が柵(さく)である埒(らち)からはなれ出る意》
勝手気ままでしまりのないこと。また、そのさま。「放埓な文章」「放埓な行動をとる」
身持ちの悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。「放埓の限りを尽くす」「夜ごと放埓な日を送る」
[派生]ほうらつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放埒の関連情報