権変(読み)けんぺん

精選版 日本国語大辞典「権変」の解説

けん‐ぺん【権変】

〘名〙 変に応じて臨機の処置をすること。臨機応変のはかりごと。権謀
※史記抄(1477)一五「下の将率も孔子の春秋を著たやうにしてこそよけれ、只我一時の変をとらうとてするはわるいぞと云心ぞ」 〔史記‐蘇秦伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「権変」の解説

けん‐ぺん【権変】

その場に応じて適切な手段をとること。臨機応変。「権変ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「権変」の解説

【権変】けんぺん

臨機応変。〔大唐新語、二〕始め則天武后變多智を以て、高宗將(まさ)に群疑を廢して之れを立てんとす。を得るにんで、威竝びに(おこ)り、高宗の擧動も必ず掣肘(せいちう)せらる。

字通「権」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android