コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横井玉子 よこい たまこ

2件 の用語解説(横井玉子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横井玉子 よこい-たまこ

1855-1902 明治時代の教育者。
安政2年9月12日生まれ。明治5年横井小楠(しょうなん)の甥横井佐平太と結婚。夫の死後,東京の新栄女学校(のち女子学院)で裁縫や洋画などをおしえる。33年藤田文蔵らの協力で女子美術学校(現女子美大)を創立,舎監兼幹事となった。明治35年12月31日死去。48歳。肥後(熊本県)出身。旧姓は原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横井玉子

没年:明治36.1.4(1903)
生年:安政2.9.12(1855.10.22)
明治期の教育家。肥後国(熊本県)高瀬藩の家老原尹胤の次女として,江戸藩邸生まれる。夫は横井小楠の甥左平太(時治)。横井津世子,矢嶋楫子姉妹らの薫陶を受け,浅井忠に油絵を学ぶ。女子学院に奉職,裁縫,礼式,割烹,洋画を教え,舎監を務める。明治34(1901)年女子美術学校(女子美大)を創立した。日本基督教婦人矯風会の種々の請願の発起人のひとりでもあった。<参考文献>『女子美術大学八十年史』,林えり子『続・結婚百物語』

(村上雍子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横井玉子の関連キーワード竹崎順子肥後伊津野満仁太嘉悦氏房工藤左一新穂登免平野流香福島綱雄細川利永武藤虎太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone