コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉坤一 りゅうこんいつ Liu Kun-yi; Liu K`un-i

3件 の用語解説(劉坤一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉坤一
りゅうこんいつ
Liu Kun-yi; Liu K`un-i

[生]道光10(1830)
[没]光緒28(1902)
中国,清末の政治家。洋務派の大官。湖南省新寧県の人。字は 峴荘。諡は忠誠。廩生の出身で,湘軍に参加して各地に転戦,太平天国鎮圧に従事した。同治3 (1864) 年以降,江西巡撫,両広総督を歴任,三たび両江総督 (75~76,79~81,90~1902) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうこんいつ【劉坤一 Liú Kūn yī】

1830‐1902
中国,清末の政治家。字は峴荘。湖南省新寧県の人。太平天国鎮圧の功績で抜擢(ばつてき)され,官界に転じて長く両江総督の任にあった。洋務派の実力者として李鴻章と対抗し,日清戦争で淮軍(わいぐん)が壊滅したあと,山海関に特派されて軍事を統轄したこともある。義和団戦争の際は,朝命に抗して東南互保を列強と協定し,戦後には張之洞と連名で西太后に政治の改革(変法)を献策した(江楚会奏)。《劉忠誠公遺集》68巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉坤一
りゅうこんいつ / リウクンイー
(1830―1902)

中国、清(しん)末の官僚。湖南省新寧の人。字(あざな)(けんそう)。諡(おくりな)は忠誠。1855年団練(だんれん)を率いて太平天国軍を湖南各地で撃退し、56年湘軍(しょうぐん)の将軍で族叔劉長佑(ぞくしゅくりゅうちょうゆう)に従って江西、湖南の各地を転戦し、太平天国の翼王石達開(せきたつかい)などと戦って勝った。60年劉長佑が広西巡撫(じゅんぶ)になると、その下で柳州などを平定し、その功績により61年広東按察使(カントンあんさつし)となった。翌年広西布政使に昇進し、以後、江西巡撫(1865~75)、両江総督(1879~81、1890~1902)、両広総督(1875~79)などを歴任し、張之洞(ちょうしどう)と並ぶ清末政界の実力者であった。日清戦争のときには欽差(きんさ)大臣に任命され、山海関内外の軍隊を指揮して日本軍と戦ったが敗れ、戦争継続を主張したが、和議がなり、本務に復帰した。義和団事件では、清朝の宣戦の命令を無視し、張之洞らとともに帝国主義列強と東南互保協定を結び、義和団を弾圧して列強の権益を保護し、自らの勢力の維持を図った。1902年張とともに政治、軍事、教育の改革を提唱したが、まもなく死去。著作は『劉忠誠公遺集』に収められている。[阿川修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉坤一の関連キーワード曽国藩湖南省湘軍曾国藩陳天華彭徳懐劉少奇桓寛山濤譚延闓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone