コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蔵高原 せいぞうこうげん

2件 の用語解説(青蔵高原の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

青蔵高原【せいぞうこうげん】

中国西部から南西部にかけて広がる世界で最も標高の高い高原。青海・チベット高原とも。チベット自治区,青海省,四川省西部,甘粛省南西部を含み,面積は約230万km2
→関連項目四川[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいぞうこうげん【青蔵高原 Qīng zàng gāo yuán】

中国,西南部の世界最大の高原。チベット,青海の全域と四川,甘粛省などの一部を含み,平均標高4500m。ヒマラヤ,横断,崑崙山脈などに囲まれ,カイラス(岡底斯)山脈,タングラ(唐古拉)山脈などが東西に走る。山頂には氷河が発達,長江(揚子江)やメコンなどの発源地でもある。北部の青海,蔵北高原は広大で湖沼が多く,気候も寒冷で乾燥するが,南東部の谷地では温暖湿潤気候を示し,農業もさかんである。【駒井 正一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青蔵高原の関連キーワードチベット語チベット高原チベット文字メコン川チベット高気圧玉樹支那チベット諸語チベットヒマラヤ山塊青海チベット(青蔵)高原チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青蔵高原の関連情報