コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蔵高原 せいぞうこうげん

百科事典マイペディアの解説

青蔵高原【せいぞうこうげん】

中国西部から南西部にかけて広がる世界で最も標高の高い高原。青海・チベット高原とも。チベット自治区,青海省,四川省西部,甘粛省南西部を含み,面積は約230万km2
→関連項目四川[省]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぞうこうげん【青蔵高原 Qīng zàng gāo yuán】

中国,西南部の世界最大の高原。チベット,青海の全域と四川,甘粛省などの一部を含み,平均標高4500m。ヒマラヤ,横断,崑崙山脈などに囲まれ,カイラス(岡底斯)山脈,タングラ(唐古拉)山脈などが東西に走る。山頂には氷河が発達,長江(揚子江)やメコンなどの発源地でもある。北部の青海,蔵北高原は広大で湖沼が多く,気候も寒冷で乾燥するが,南東部の谷地では温暖湿潤気候を示し,農業もさかんである。【駒井 正一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

青蔵高原の関連キーワードチンツァンカオユワンアルトゥン[山脈]チベット(自治区)西寧(せいねい)チャイダム盆地ギャリンノールオリンノールタングラ山脈四川[省]青海(省)青海[省]甘粛[省]横断山脈大雪山脈祁連山脈通天河ラサ西寧松潘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android