コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横溝藿里 よこみぞ かくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横溝藿里 よこみぞ-かくり

1781-1834 江戸時代後期の儒者。
天明元年生まれ。西山拙斎(せっさい)にまなび,のち江戸で昌平黌(しょうへいこう)にはいり,古賀精里(こが-せいり)に師事する。大坂や郷里の備中(びっちゅう)(岡山県)で私塾をひらいた。天保(てんぽう)5年7月15日死去。54歳。本姓は安原。名は恒。字(あざな)は子久。通称は俊輔。別号に赤洲。著作に「藿里詩文集」「易説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横溝藿里の関連キーワード蓼太藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園馬明心朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧