コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横紋筋肉腫 おうもんきんにくしゅrhabdomyosarcoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横紋筋肉腫
おうもんきんにくしゅ
rhabdomyosarcoma

横紋筋から発生する腫瘍で,増殖の激しい,悪性の未分化細胞から成る。組織学的には,幼若型の筋芽細胞が不規則な配列を示していたり,大型で原形質の不規則な細胞が集合し,原形質内にわずかに横紋の形成をみることもある。骨格筋が存在する部位のほかに,非増殖性の良性のものは腎臓,膀胱,子宮,食道などに生じることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の横紋筋肉腫の言及

【小児癌】より

…血中に特有のタンパク質,つまり胎児性タンパク(α‐フェトプロテイン,AFP)が検出できるので診断に役立つ。肝臓癌(5)横紋筋肉腫rhabdomyosarcoma 四肢,臀部,頸などの横紋筋と膀胱や胆管などから発生する。(6)網膜芽細胞腫retinoblastoma 目つきが変だ,あるいは目が光るといったことで発見される。…

※「横紋筋肉腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横紋筋肉腫の関連キーワード悪性軟部腫瘍小児外科目のがん固形癌横紋筋肉腫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android