コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹蜂 キバチ

デジタル大辞泉の解説

き‐ばち【樹蜂】

膜翅(まくし)目キバチ科のハチの総称。体は細長く、腰はくびれていない。雌は長い針状の産卵管をもち、樹皮に産卵する。その後に産卵管が抜けず、1本足で立っているように見えるので独脚蜂ともいう。幼虫は主に針葉樹の材部を食害

みか‐ばち【樹蜂】

キバチの古名。〈和名抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きばち【樹蜂】

キバチ上科に属するハチの総称。体は円筒形で、腰のくびれがない。雌は剣状あるいは鋸のこぎり状の長い産卵管をもち、樹幹に差し込んで産卵する。幼虫はマツ・スギなどの材部を食害。約160種が知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樹蜂 (キバチ)

動物。キバチ科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

樹蜂の関連キーワード動物樹幹

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android