コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺山愛輔 かばやま あいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山愛輔 かばやま-あいすけ

1865-1953 明治-昭和時代の実業家,政治家。
慶応元年5月10日生まれ。樺山資紀(すけのり)の長男。千代田火災保険などの重役をへて大正14年貴族院議員。ロンドン海軍軍縮会議の全権顧問。戦後は日米協会会長などをつとめ,親善につくす。昭和28年10月21日死去。88歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

樺山愛輔の関連キーワード白洲 正子樺山 資紀昭和時代白洲正子実業家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android