橋台(読み)きょうだい

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐だい ケウ‥【橋台】

〘名〙 橋の下部構造で、橋の両端に設けられた台状のもの。橋桁(はしげた)などの上部構造の端部を支持し、橋の荷重を地盤に伝える。T型橋台、U型橋台など。〔工学字彙(1886)〕

はし‐だい【橋台】

〘名〙
① 橋の両端にあって、橋を支える台状のもの。きょうだい。
※俳諧・談林十百韻(1675)下「駒とめて佐保山の城打ながめ〈雪柴〉 朝日にさはぐはし台の波〈松意〉」
② 橋のそば。橋際。橋もと。
洒落本・客衆一華表(1789‐1801頃)丹波屋之套「こっちらの橋台(ハシダイ)の酒ゃア算盤酒やといって名代でございやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の橋台の言及

【橋】より


【橋の構成】
 橋の構造は,いわゆる橋桁と総称される上部構造と,これを支えて地盤に力を伝える下部構造とに大別される(図1-a)。下部構造のうち地上にある軀体(くたい)は,さらに橋台と橋脚に分けられる。橋台は橋の両端にあって岸に接しているコンクリート構造物で,橋桁からの力のほか,岸からの土圧を受ける働きをする。…

※「橋台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橋台の関連情報