コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋戸頑鉄(読み)はしど がんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋戸頑鉄 はしど-がんてつ

1879-1936 明治-昭和時代前期の野球選手,新聞記者。
明治12年3月10日生まれ。早大野球部主将。遊撃手。明治38年アメリカ初遠征に参加。卒業後は「万(よろず)朝報」「大阪朝日新聞」「東京日日新聞」などで健筆をふるう。全国都市対抗野球大会の実現につくし,その功績により橋戸賞がもうけられた。昭和11年3月23日死去。58歳。東京出身。本名は信(まこと)。著作に「最新野球術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしどがんてつ【橋戸頑鉄】

1879‐1936(明治12‐昭和11)
都市対抗野球生みの親。東京都出身。頑鉄は筆名で本名は信(しん)。青山学院中等部時代から野球選手として活躍し,早稲田大学に進学して野球部を創設,初代主将となった。同部隆盛の基礎を築き,1905年のアメリカ初遠征に参加した。翌年卒業後,一時期アメリカで過ごすが,11年に帰国,《万朝報》《大阪朝日》《東京日日》などで野球評論に健筆をふるった。のち日本運動協会を組織し,日本最初の職業野球団の先鞭をつけ,27年には全国都市対抗野球大会の開催に尽力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

橋戸頑鉄の関連情報