コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋戸頑鉄 はしど がんてつ

2件 の用語解説(橋戸頑鉄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋戸頑鉄 はしど-がんてつ

1879-1936 明治-昭和時代前期の野球選手,新聞記者。
明治12年3月10日生まれ。早大野球部主将。遊撃手。明治38年アメリカ初遠征に参加。卒業後は「万(よろず)朝報」「大阪朝日新聞」「東京日日新聞」などで健筆をふるう。全国都市対抗野球大会の実現につくし,その功績により橋戸賞がもうけられた。昭和11年3月23日死去。58歳。東京出身。本名は信(まこと)。著作に「最新野球術」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はしどがんてつ【橋戸頑鉄】

1879‐1936(明治12‐昭和11)
都市対抗野球の生みの親。東京都出身。頑鉄は筆名で本名は信(しん)。青山学院中等部時代から野球選手として活躍し,早稲田大学に進学して野球部を創設,初代主将となった。同部隆盛の基礎を築き,1905年のアメリカ初遠征に参加した。翌年卒業後,一時期アメリカで過ごすが,11年に帰国,《万朝報》《大阪朝日》《東京日日》などで野球評論に健筆をふるった。のち日本運動協会を組織し,日本最初の職業野球団の先鞭をつけ,27年には全国都市対抗野球大会の開催に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橋戸頑鉄の関連キーワード冨田渓仙伊藤孝次草間滋斎藤蕗葉島津隼彦高峰筑風立野徳治郎埴原久和代安田善次郎(2代)山陽新聞社

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone