橋本 登美三郎(読み)ハシモト トミサブロウ

20世紀日本人名事典「橋本 登美三郎」の解説

橋本 登美三郎
ハシモト トミサブロウ

昭和期の政治家 元・衆院議員(自民党);元・運輸相。



生年
明治34(1901)年3月5日

没年
平成2(1990)年1月19日

出生地
茨城県行方郡潮来町

学歴〔年〕
早稲田大学政経学部〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和46年〕

経歴
昭和2年朝日新聞入社。上海支局長を経て、戦後潮来町長を2期つとめ、24年衆院議員に当選。35年第1次池田内閣の建設相、39年佐藤内閣の官房長官就任。引き続き党総務会長、運輸相の要職を占め、47年田中内閣成立後党幹事長。51年ロッキード事件に連座し、受託収賄罪で逮捕、起訴されて離党。57年6月、1審判決で懲役2年6ケ月、執行猶予3年、追徴金500万円の判決を受け、61年5月東京高裁でも一審通り有罪となった。55年の総選挙で落選。上告中に死去

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「橋本 登美三郎」の解説

橋本 登美三郎 (はしもと とみさぶろう)

生年月日:1901年3月5日
昭和時代の政治家。衆議院議員(自民党);運輸相
1990年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「橋本 登美三郎」の解説

橋本 登美三郎
ハシモト トミサブロウ


肩書
元・衆院議員(自民党),元・運輸相

生年月日
明治34年3月5日

出生地
茨城県行方郡潮来町

学歴
早稲田大学政経学部〔大正15年〕卒

経歴
昭和2年朝日新聞入社。上海支局長を経て、戦後潮来町長を2期つとめ、24年衆院議員に当選。35年第1次池田内閣の建設相、39年佐藤内閣の官房長官に就任。引き続き党総務会長、運輸相の要職を占め、47年田中内閣成立後党幹事長。51年ロッキード事件に連座し、受託収賄罪で逮捕、起訴されて離党。57年6月、1審判決で懲役2年6ケ月、執行猶予3年、追徴金500万円の判決を受け、61年5月東京高裁でも一審通り有罪となった。55年の総選挙で落選。上告中に死去。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和46年〕

没年月日
平成2年1月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android