コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘定玄 たちばなの じょうげん

1件 の用語解説(橘定玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘定玄 たちばなの-じょうげん

766-823 奈良-平安時代前期の琵琶(びわ)法師。
天平神護(てんぴょうじんご)2年生まれ。7歳の時出家したが17歳で失明し,琵琶をまなぶ。延暦7年最澄の延暦寺建立の際に琵琶をひいて「地神経」を読誦(どくじゅ)し,成就(じょうじゅ)院の号をうける。8年郷里筑前(福岡県)にもどり成就院を建立したという。同寺につたわる玄清法流琵琶は,筑前琵琶の源流といわれる。弘仁14年10月死去。58歳。法名は玄清ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘定玄の関連キーワード藤原真楯糞置荘玄清文室綿麻呂淳和天皇公営田淳和天皇公営田アースマラソン続日本紀と皇甫東朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone