コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘定玄 たちばなの じょうげん

1件 の用語解説(橘定玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘定玄 たちばなの-じょうげん

766-823 奈良-平安時代前期の琵琶(びわ)法師。
天平神護(てんぴょうじんご)2年生まれ。7歳の時出家したが17歳で失明し,琵琶をまなぶ。延暦7年最澄の延暦寺建立の際に琵琶をひいて「地神経」を読誦(どくじゅ)し,成就(じょうじゅ)院の号をうける。8年郷里筑前(福岡県)にもどり成就院を建立したという。同寺につたわる玄清法流琵琶は,筑前琵琶の源流といわれる。弘仁14年10月死去。58歳。法名は玄清ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘定玄の関連キーワード牧馬秋田県横手市平鹿町中吉田大野鷹子清瀬宮継慈恒慈宝守敏橘船子聞寂丹墀池子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone