コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公営田 くえいでん

8件 の用語解説(公営田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公営田
くえいでん

平安時代,国家財政の確保を目的とした官田。弘仁 14 (823) 年2月初めて大宰府管内で1万 2095町 (約1万 2000ha) を公営田として徭丁 (ようてい) に耕作させた。公営田からの収入はすべて官納とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くえい‐でん【公営田】

《「こうえいでん」とも》
律令制で、官田公田などを農民の徭役(ようえき)で耕作させ、収穫物は国家の所有としたもの。→私営田
平安初期、大宰府管下で行われた直営田。良田1万余町を壮丁に耕作させ、必要経費を差し引いた残部を国家に納めさせた。

こうえい‐でん【公営田】

くえいでん(公営田)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

公営田【くえいでん】

〈こうえいでん〉とも。日本古代の田制。(1)広義には私営田に対するもので,官田・諸司田・勅旨田,狭義の公営田などの総称。(2)狭義の公営田は国司らが直営し,収穫から種子料,農民の食糧・日当・租税相当額などを除いて残余を国家の収入とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くえいでん【公営田】

平安時代初期に行われた田制。広義には,私営田に対するものとして,官田,諸司田,勅旨田,公営田などの総称の意味で用いられるが,一般的用法ではない。狭義には,813年(弘仁4)の石見国,823年の大宰府管内,879年(元慶3)の上総国などの公営田をいうが,一般的にはその内容が比較的詳細にわかる大宰府管内公営田制をいう。大宰府管内公営田制とは,823年,ときの大宰大弐小野岑守の建策によって大宰府管内(九州)において行われた公営田制をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くえいでん【公営田】

〔「こうえいでん」とも〕
律令体制の弛緩しかんに対処して財源を確保するためにとられた国営の田制。班田農民の徭役ようえき労働で耕作し、農民の調・庸を免除するかわりに全収穫を国家におさめた。のちには他国でも行われた。823年、大宰府管内に設定されたのが最初。 ↔ 私営田

こうえいでん【公営田】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公営田
くえいでん

「こうえいでん」とも読む。(1)広義には私営田に対するものとして、官田、諸司田(しょしでん)、勅旨田(ちょくしでん)、公営田(狭義)などの総称の意味で用いられるが、これは一般的用法ではない。(2)狭義には、813年(弘仁4)の石見(いわみ)国、823年(弘仁14)の大宰府(だざいふ)管内(九州)、879年(元慶3)の上総(かずさ)国などの公営田をいうが、一般的には、その内容が比較的詳細にわかる大宰府管内公営田制をいう。
 大宰府管内公営田制は、823年、大宰大弐(だいに)小野岑守(みねもり)の建策によって大宰府管内において行われた。これは管内9か国の口分田(くぶんでん)および乗田(じょうでん)のなかから良田1万2095町を割き、それに徭丁(ようてい)6万0257人を投入して、5人で1町を耕作させ、そのなかから有能な者を選んで1町以上を監督させて耕営し、その収穫稲より必要経費を差し引いた108万0421束を納官し、財収増加を図る、というプランであった。ただし、大宰府の原案ではこの試みを30年間行うことになっていたのを、中央政府はそれを4年に限るなど、原案と実施案とでは若干の相違がある。この公営田制の主眼は、農民からの調庸(ちょうよう)(手工業生産物)の収取を停止し、そのかわりに稲(土地生産物)を手に入れ、その稲で手工業生産物を交易(交換)するというものであったが、その具体的意義づけに関しては異論がある。なお、その実施の具体的様相や終末などは不明である。[中野栄夫]
『中野栄夫著『律令制社会解体過程の研究』(1979・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の公営田の言及

【調】より

… 調は律令財政の最も重要な収入源であり,官人の給与(位禄,季禄)にもあてられたので,その品質の低下や未納に対して,政府は厳しい態度でのぞんだが,品質の低下や未納が増加してくると,それを補うために,交易雑物(ぞうもつ)(出挙(すいこ)の利稲で調庸物に相当する物品を購入する)制度が展開していった。823年(弘仁14)に西海道諸国で試行された公営田(くえいでん)の制は,収穫稲によって調庸物を購入して貢上させるもので,中央政府と国衙との間では調庸の現物貢上の原則が保持されているが,国内での調庸の徴収は,課丁から直接に徴収するという律令の原則が修正されている。そして平安後期には,調は名(みよう)を単位に賦課される公事(くじ)のなかに吸収されていったと推定される。…

※「公営田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公営田の関連情報