コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘常樹 たちばな つねき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘常樹 たちばな-つねき

1704-1763* 江戸時代中期の国学者,歌人。
宝永元年生まれ。土佐(高知県)の人。江戸で下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩主鳥居忠意(ただおき)につかえる。賀茂真淵(かもの-まぶち)の門にはいり,加藤枝直(えなお),加藤千蔭(ちかげ)らとともに真淵の「冠辞考」の板下を浄書した。宝暦12年11月19日死去。59歳。通称は長谷川幸助,理太夫,淡輪造酒。号は六無翁。著作に「古今集仰古解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘常樹の関連キーワード国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android