コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘知仲 たちばなのともなか

朝日日本歴史人物事典の解説

橘知仲

没年:寛元4.7.11(1246.8.23)
生年:生年不詳
鎌倉時代西園寺家家司。知宣の子。承久の乱(1221)後,西園寺家が安芸国(広島県)沼田庄の領家職を獲得すると,正検使として同庄の検注を行い,以後,彼の子孫は同荘領所を務めることとなる。また,院の作所奉行にも任じられている。

(本郷恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

橘知仲の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android