橙皮(読み)トウヒ

百科事典マイペディアの解説

橙皮【とうひ】

生薬。ダイダイの成熟果実の皮。粉末,チンキシロップ剤などにして芳香苦味健胃薬に用いる。成分の精油にはd-リモネンのほか,ヘスペリジンなどのフラボン配糖体(苦味成分)を含む。類似生薬に夏皮(ナツミカン),陳皮ウンシュウミカン),クエン皮(レモン)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうひ【橙皮】

ダイダイの果皮を乾燥させた生薬。芳香・苦味があり、健胃薬・香味料として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐ひ タウ‥【橙皮】

〘名〙 (だいだい)の木や果実の皮。また、それを乾かしたもの。木の皮は鎧(よろい)の札(さね)に、果実の皮は他薬に混ぜて健胃剤・矯臭剤として使用する。
※随筆・甲子夜話(1821‐41)四六「橙皮を板に張り革を乾す如く釘もて四方を打つけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の橙皮の言及

【ダイダイ(橙)】より

…昔は乾燥した果皮を蚊やりに用いた。【山田 彬雄】
[薬用]
 ダイダイの成熟果皮を橙皮という。精油を含み,その成分はd‐リモネンで,そのほかにフラボノイド,ヘスペリジン,ジテルペノイド,リモニン(苦味質)が含有されている。…

※「橙皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橙皮の関連情報