(読み)ダイダイ

デジタル大辞泉「橙」の解説

だい‐だい【×橙/臭橙/回橙】

ミカン科の常緑小高木。葉は楕円形で先がとがり、葉柄(ようへい)に翼がある。初夏、香りのある白い花を開く。実は丸く、冬に熟して黄色になるが、木からは落ちないで翌年の夏に再び青くなる。実が木についたまま年を越すところから「代々」として縁起を祝い、正月の飾りに用いる。果汁を料理に、果皮を漢方で橙皮(とうひ)といい健胃薬に用いる。 花=夏 実=冬》「―は実を垂れ時計はカチカチと/草田男
橙色」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「橙」の解説

橙 (ダイダイ)

学名:Citrus aurantium
植物。ミカン科の常緑小高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android