コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機堂長応 きどう ちょうおう

1件 の用語解説(機堂長応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

機堂長応 きどう-ちょうおう

?-1410 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伯耆(ほうき)(鳥取県)の人。越前(えちぜん)(福井県)慈眼(じげん)寺の天真自性(じしょう)の法をつぐ。丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県),大隅(おおすみ)(鹿児島県)楞厳(りょうごん)寺などの住持をつとめる。近江(おうみ)(滋賀県)に新豊寺,伯耆に曹源寺,定光寺をひらいた。応永17年1月3日死去。俗姓は南条。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

機堂長応の関連キーワード幸阿弥斯波義将大寧寺幸阿弥家ジギスムントルブリョフ上杉憲実幸阿弥道長後亀山天皇斯波義郷

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone