コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機堂長応 きどう ちょうおう

1件 の用語解説(機堂長応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

機堂長応 きどう-ちょうおう

?-1410 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伯耆(ほうき)(鳥取県)の人。越前(えちぜん)(福井県)慈眼(じげん)寺の天真自性(じしょう)の法をつぐ。丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県),大隅(おおすみ)(鹿児島県)楞厳(りょうごん)寺などの住持をつとめる。近江(おうみ)(滋賀県)に新豊寺,伯耆に曹源寺,定光寺をひらいた。応永17年1月3日死去。俗姓は南条。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

機堂長応の関連キーワード曹洞円鑑梵相鑑窓永鑑奇叟異珍月田宗種直翁宗廉宗観(1)大成宗林長雅噩叟宗俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone