コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条 なんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南条
なんじょう

福井県中央部,南越前町北東部の旧町域。日野川上流域にある。 1954年南日野村,北杣山村,南杣山村が合体して南条村成立。 1964年町制施行。 2005年今庄町,河野村と合体して南越前町となる。地名は中世以来の郡名による。川沿いに狭い平野があるのみで,山地が多く主産業は林業。ハスの花の栽培も盛ん。北部の武生市との境に日野山がある。南部には古戦場の杣山があり,杣山城跡は国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なんじょう【南条】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南条
なんじょう

福井県中央部、南条郡にあった旧町名(南条町(ちょう))。現在は南越前(みなみえちぜん)町の北部中央を占める地域。1954年(昭和29)南日野(みなみひの)、南杣山(みなみそまやま)、北杣山の3村が合併して南条村となり、1964年町制施行。2005年(平成17)、旧南条町は今庄(いまじょう)町、河野(こうの)村と合併、南越前町となる。旧町域は、越前(えちぜん)市の南に位置し、中央を日野川が北流し、JR北陸本線、国道305号、365号が通じる。中心の鯖波(さばなみ)は北の脇本(わきもと)とともに北陸道の宿場町。越前市境に越前富士ともよばれる日野山がそびえ、北陸自動車道がトンネルで通過する。旧今庄町との境の杣山には南北朝期に南朝方瓜生(うりゅう)氏が拠(よ)った杣山城跡(じょうあと)(国史跡)がある。[島田正彦]
『『南条町誌』(1976・南条町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南条の言及

【奥山荘】より

…地頭支配の強化は荘園領主支配と対立するようになり,1240年(仁治1)には領家と地頭時茂との間に和与が成立し,年貢米100石,御服綿10両(代銭納の場合は60貫文余)を地頭が納めることで地頭請所となった。77年(建治3)地頭時茂は孫3人に奥山荘を北条(きたじよう),中条(なかじよう),南条に3分して与え,それぞれが惣領を立てることになった。以後奥山荘の三浦和田一族は典型的な惣領制を展開しながら荘内の支配にあたったが,しばしば一族間に係争を生じ,訴訟をくりかえした。…

※「南条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南条の関連キーワード福井県南条郡南越前町阿久和中小屋入会福井県南条郡南越前町上温谷福井県南条郡南越前町上平吹福井県南条郡南越前町甲楽城福井県南条郡南越前町小倉谷福井県南条郡南越前町奥野々福井県南条郡南越前町上別所福井県南条郡南越前町西大道福井県南条郡南越前町馬上免福井県南条郡南越前町東大道福井県南条郡南越前町南今庄福井県南条郡南越前町八乙女福井県南条郡南越前町大河内福井県南条郡南越前町杣木俣福井県南条郡南越前町関ケ鼻福井県南条郡南越前町鋳物師福井県南条郡南越前町宇津尾福井県南条郡南越前町八飯福井県南条郡南越前町社谷福井県南条郡南越前町大桐

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南条の関連情報