コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条 なんじょう

4件 の用語解説(南条の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南条
なんじょう

福井県中央部,南越前町北東部の旧町域。日野川上流域にある。 1954年南日野村,北杣山村,南杣山村が合体して南条村成立。 1964年町制施行。 2005年今庄町,河野村と合体して南越前町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんじょう〔ナンデウ〕【南条】

姓氏の一。
[補説]「南条」姓の人物
南条範夫(なんじょうのりお)
南条文雄(なんじょうぶんゆう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんじょう【南条】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南条
なんじょう

福井県中央部、南条郡にあった旧町名(南条町(ちょう))。現在は南越前(みなみえちぜん)町の北部中央を占める地域。1954年(昭和29)南日野(みなみひの)、南杣山(みなみそまやま)、北杣山の3村が合併して南条村となり、1964年町制施行。2005年(平成17)、旧南条町は今庄(いまじょう)町、河野(こうの)村と合併、南越前町となる。旧町域は、越前(えちぜん)市の南に位置し、中央を日野川が北流し、JR北陸本線、国道305号、365号が通じる。中心の鯖波(さばなみ)は北の脇本(わきもと)とともに北陸道の宿場町。越前市境に越前富士ともよばれる日野山がそびえ、北陸自動車道がトンネルで通過する。旧今庄町との境の杣山には南北朝期に南朝方瓜生(うりゅう)氏が拠(よ)った杣山城跡(じょうあと)(国史跡)がある。[島田正彦]
『『南条町誌』(1976・南条町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南条の言及

【奥山荘】より

…地頭支配の強化は荘園領主支配と対立するようになり,1240年(仁治1)には領家と地頭時茂との間に和与が成立し,年貢米100石,御服綿10両(代銭納の場合は60貫文余)を地頭が納めることで地頭請所となった。77年(建治3)地頭時茂は孫3人に奥山荘を北条(きたじよう),中条(なかじよう),南条に3分して与え,それぞれが惣領を立てることになった。以後奥山荘の三浦和田一族は典型的な惣領制を展開しながら荘内の支配にあたったが,しばしば一族間に係争を生じ,訴訟をくりかえした。…

※「南条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南条の関連キーワード福井県南条郡南越前町阿久和福井県南条郡南越前町板取福井県南条郡南越前町大谷福井県南条郡南越前町河野福井県南条郡南越前町嶋福井県南条郡南越前町瀬戸福井県南条郡南越前町糠福井県南条郡南越前町燧福井県南条郡南越前町古木福井県南条郡南越前町牧谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南条の関連情報