機用(読み)きよう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐よう【機用】

〘名〙
① 機械のはたらき。機械、器具、設備など、物質文化の効用。
※蘭東事始(1815)上「ヱレキテルといへる奇器を手に入れ帰府(きふ)し、其機用の事をも漸く工夫して、遍く人を驚せり」
② 仏語。禅宗で、師家(しけ)が相手を誘導啓発する教化のはたらきをさし、言語の及ばない玄奥の証悟をさとらせること。
※山谷詩集鈔(1647)一〇「我も金華に羊を牧て、仙道を学ばうと思たぞ。去ほどに仙人の機用が有るぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機用の関連情報