機能性音声障害(読み)きのうせいおんせいしょうがい(英語表記)Functional Dysphonia

家庭医学館の解説

きのうせいおんせいしょうがい【機能性音声障害 Functional Dysphonia】

[どんな病気か]
 声帯(せいたい)に病変がないのに、発声機能の異常による音声障害を呈する病気の総称で、精神的問題(心因)が多少なりとも関連しているのが特徴です。
 心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害が代表的な疾患です。
■心因性失声症(しんいんせいしっせいしょう)(ヒステリー性失声症(せいしっせいしょう))
 突然、声が出せなくなります。せきをさせると声帯の運動がよくなります。
 精神的ショックが原因となることが多く、若い女性に多い傾向があります。
■音声衰弱症(おんせいすいじゃくしょう)
 最初は、ふつうに発声できるのに、徐々に声が弱々しくなっていきます。
 これも大部分が心因性です。
■けいれん性発声障害(せいはっせいしょうがい)
 のどの圧迫感が強く、しぼり出すような声になります。声帯を動かす筋肉が、発声するときに異常に強く収縮した過緊張状態になっています。
 心因やストレスが誘因になっていることが多いものです。心因以外の原因も関与していると考えられていますが、まだ明らかではありません。
[治療]
 心因性失声症と音声衰弱症は、精神的に安定させるように努めます。必要があれば、精神神経科の受診を勧めます。精神療法や精神安定剤の使用も行なわれることがあります。
 けいれん性発声障害は、発声中の声門閉鎖を弱めるような発声法の訓練をします。効果がみられない場合は、喉頭顕微鏡下手術または外切開で、声帯の筋肉に達する運動神経の末梢部(まっしょうぶ)を切断する手術が行なわれます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android