コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橡・栃 とち

大辞林 第三版の解説

とち【橡・栃】

とちのき【橡・栃】

トチノキ科の落葉高木。山地の沢近くに自生、また庭木・街路樹とすることもある。葉は大形の掌状複葉で長い柄につく。五月頃、枝先に円錐花序を立て、白色で紅斑のある四弁花を多数つける。果実は倒卵円形で、クリに似た赤褐色の種子が一個ある。種子からデンプンを採り、材は家具や器具に用いる。マロニエは近縁種。とち。 〔「橡の花」は [季] 夏、「橡の実」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

橡・栃の関連キーワード掌状複葉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android