檜扇・射干(読み)ひおうぎ

精選版 日本国語大辞典「檜扇・射干」の解説

ひ‐おうぎ ‥あふぎ【檜扇・射干】

〘名〙
① 細長いヒノキの薄板をとじ連ねて作った扇。衣冠、または直衣の時、笏(しゃく)に代えて持つもので、近世では板の数は、公卿は二五枚、殿上人は二三枚、女子は三九枚。男子のものは白木のままとするが、女子のものには、幅の広い三重、五重などがあり、美しく彩色し色糸を長くたらして装飾とした。衵扇(あこめおうぎ)
※天祿四年円融院・資子内親王乱碁歌合(973)「紫檀の置口したる螺鈿の御箱に、ひあふぎ十枚入れさせ給ひて」
② アヤメ科の多年草。本州中部以西・四国・九州・沖縄の海岸や原野に生え、観賞用にも栽培される。高さ約一メートル。長さ三〇~五〇センチメートルの剣状の葉が左右二列に生する。夏から秋にかけ、茎の上部が分枝して、先端に数個の濃紫色の斑点のある黄赤色の花が六花被を水平に開いて咲く。果実は広卵状楕円形で長さ二~三センチメートル。種子は球形で黒く、光沢があり、古く「ぬばたま」または「うばたま」といった。「ひおうぎ」の和名は葉のつき方が①を思わせることによる。漢名は烏扇・射干だが、射干は別種シャガに転用されている。からすおうぎ。《季・夏》 〔訓蒙図彙(1666)〕
④ 紋所の名。①を図案化したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android