コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛淵荘 くしぶちのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

くしぶちのしょう【櫛淵荘】

阿波国那賀郡(現,徳島県小松島市)の荘園。石清水八幡宮領で,櫛淵別宮ともいう。祠家の田中氏に伝領されており,1205年(元久2)田中通清がその子宗清に譲っている所領のなかにあらわれるのが初出。承久の乱後,秋本二郎兵衛尉新補地頭として入部し,入部直後の1222年(貞応1)から良田を地頭分と称して押領するなど,はげしい地頭非法を展開する。八幡宮側は鎌倉幕府に訴え,非法停止の六波羅下知状をうけるが地頭非法はやまず,争いは秋本左衛門次郎泰恒の代まで60年にわたりつづく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

櫛淵荘の関連キーワード下地中分和与

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android