コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護請 しゅごうけ

6件 の用語解説(守護請の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守護請
しゅごうけ

室町時代,守護荘園領主,知行国主との間に結ばれた荘園国衙領年貢の請負契約足利尊氏半済 (はんぜい) と称して荘園の年貢の半分を兵粮料として守護に与える政策をとったため,不法に年貢や土地を押領する者も現れ,荘園領主や知行国主は苦しんだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅご‐うけ【守護請】

室町時代、守護国衙(こくが)領・荘園の年貢を一定額で請け負った制度。武士の侵略に苦しんだ荘園領主・知行国主が、守護にその経営を一任する代わりに一定の年貢の確保を図ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

守護請【しゅごうけ】

室町時代,守護あるいは守護代が,荘園国衙(こくが)領の経営を一任され,一定の年貢を豊凶にかかわらず領主に納入することを請け負う制度。武士の荘園侵略に悩む領主が年貢確保のために設けた制度であったが,この納入契約を守護・守護代は守らず,かえって荘園・国衙領を支配するようになった。
→関連項目請所大田荘守護大名日根荘船木田荘若山荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅごうけ【守護請】

おもに室町時代,守護が荘園や国衙領の支配・管理の委任を受け,契約した年貢の納入を請け負う制度。南北朝・室町時代,地方の国人領主や守護被官等による荘園・国衙領の侵害によって年貢収納は滞りがちであったが,荘園領主・知行国主はその打開の一手段として守護請の契約に踏み切った。高野山領紀伊国南部荘では14世紀末に守護大内氏の斡旋で下地中分が行われ,領家方は新守護畠山氏の守護請となった。守護請になっても年貢未進は解決されず,高野山領備後国大田荘では守護山名氏による請負額は年1000石であったが,37ヵ年で2万石以上の未進額に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅごうけ【守護請】

室町時代、守護が荘園や国衙こくが領の経営を一任され、豊凶にかかわらず毎年一定額の年貢収納を請け負う制度。実際には守られず、守護による領国支配が助長された。 → 請所うけしよ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守護請
しゅごうけ

室町時代、荘園(しょうえん)領主が守護・守護代に荘園管理を一任、毎年の豊凶にかかわらず一定の年貢を請料(うけりょう)として進納させた年貢請負(うけおい)をいう。南北朝内乱以降、守護の地域的封建領主化に伴い、荘園領主は守護の力に依存しなければ荘園を保持することが困難となり、また従来の請負人である地頭・国人層が守護の被官となっていったため、守護と請負契約を結ばざるをえなかった。初めは契約によって成立していたが、荘園侵略を積極化する守護は、武力を背景にして請所(うけしょ)を強要した。こうした事情は国衙(こくが)領においても同様で、請負契約は実行されないことが多く、守護請を通して守護の支配が拡大し、守護領国形成が助長されていった。[安田元久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の守護請の言及

【守護領国制】より

…室町幕府の地方行政官であった守護が付与された諸権限をてこにして任国を領国化していく事態は,具体的には国内の在地領主,荘園,国衙(領)の3者との関係において論じられた。まず領主層を服属させて直属家臣団を形成すること,次に中央所課段銭の徴収等を通して家臣を荘園に入部させ,荘園を守護請し,徐々に荘園領主権を後退させて自己の支配基盤に転化していくこと,また国衙在庁の被官化や国衙目代職の進退権を獲得して国衙機構を掌握するとともに国衙領を守護請すること,などである。ところがその後の研究史は,守護の荘園領主に近似する性格を指摘し,それに対して国人領主の荘園に対する独自の支配権確立への志向を強調し,守護領国内における支配権力の二重構造的性格を提示した。…

※「守護請」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

守護請の関連キーワード請所国衙領下津名田地頭請け守護領国制意雲一円地守護領荘園=国衙領体制

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone