コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌/唄 ウタ

3件 の用語解説(歌/唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うた【歌/唄】

拍子をつけて歌う言葉の総称。また、それを歌うこと。神楽歌催馬楽(さいばら)今様(いまよう)から、現今の唱歌民謡歌謡曲などまで種類が多い。
一定の音節数によって語の調子を整えた感情の表現。長歌短歌旋頭歌(せどうか)近代詩などの総称。
(歌)和歌。特に、短歌をさしていう。「―の道」
(唄)三味線を伴奏とする「うたいもの」の称。長唄端唄(はうた)小唄地唄など。
[補説]2で、近代詩の場合には「詩」とも書く。
[下接語]東(あずま)歌後(あと)歌糸繰り歌田舎歌稲刈り歌稲扱(こ)き歌今様歌伊呂波(いろは)歌祝い歌牛追い唄牛方唄臼(うす)歌江戸唄大歌置き唄踊り歌替え歌返し歌神楽歌懸け歌陰唄数え歌片歌門付(かどづけ)歌賀の歌歌舞伎(かぶき)唄神歌上方唄唐歌杵(きね)歌木遣(や)り歌口説き歌組歌久米(くめ)歌下座(げざ)唄恋歌小唄小歌腰折れ歌琴歌木挽(こび)き歌子守歌在郷(ざいごう)歌棹(さお)歌防人(さきもり)の歌座敷歌戯(ざ)れ歌騒ぎ歌地歌仕事歌地搗(つ)き歌芝居唄三味線歌祝儀歌巡礼歌畳句(じょうく)歌田植え歌田歌田打ち歌立(たて)唄茶摘み歌継ぎ歌付け歌鼓唄紡ぎ歌連ね歌手鞠(てまり)歌鳥追い歌長唄長歌長持(ながもち)歌端(は)唄白鳥の歌鼻歌浜歌流行(はや)り歌引き歌鄙(ひな)歌百首歌琵琶(びわ)歌風俗(ふぞく)歌船歌祝(ほぎ)歌盆歌盆踊り歌前歌馬子唄鞠(まり)歌短(みじか)歌持ち歌本(もと)歌大和(やまと)歌童(わらべ)歌

か【歌】

漢詩の一体。もとは歌謡形式の楽府(がふ)で、のちには「長恨歌」のように、古詩でも作られた。

か【歌】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]うた うたう
学習漢字]2年
〈カ〉
うた。「歌曲歌劇歌詞歌謡哀歌演歌凱歌(がいか)軍歌校歌国歌賛歌聖歌挽歌(ばんか)牧歌四面楚歌流行歌
うたう。「歌手歌唱歌舞謳歌(おうか)高歌放歌
和歌短歌のこと。「歌人歌壇歌碑歌風狂歌作歌詩歌選歌長歌連歌(れんが)
〈うた〉「歌会歌声船歌元歌童歌(わらべうた)子守歌
[難読]嬥歌(かがい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の歌/唄の言及

【歌謡】より

…声楽曲の総称。うた,または,うたう,という行為を示す語としての歌謡は,中国においては古くから使われ,たとえば,《史記》《漢書》あるいは阮籍の音楽論にすでに見られる。しかし,現在の日本での使い方は,明治以降の日本文学の研究者によるもので,読まれる詩歌に対して,歌われる詩歌を強調することを目的とした。…

【唱歌】より

…歌のこと,あるいは歌をうたうこと。明治以前は,〈しょうが〉あるいは〈そうが〉と発音することが多く,証歌,章歌,正歌とも書いた。…

【宗教音楽】より

…しかし,両者の音楽とも,今日に至るまでヒンドゥー教と不可分的なつながりをもってきた。バラモン教文献はベーダと総称されるが,その歌唱の伝承は古代唱法をかなり忠実に伝えているものがあるとされている。4種の祭官に分掌される〈リグ〉〈サーマ〉〈ヤジュル〉〈アタルバ〉の各ベーダのうち,とくに《サーマ・ベーダ》などが古式を伝えている,ともいう。…

※「歌/唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歌/唄の関連キーワード銃剣四拍子詠吟詠唱口拍子言葉の綾声曲歌う言葉の先引句

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone