歌川芳盛(読み)うたがわ・よしもり

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川芳盛

没年:明治18.10.5(1885)
生年:天保1(1830)
幕末明治期の浮世絵師。三木氏,また田口氏で,名は作蔵。歌川国芳門人で,一光斎,楼坊とも号した。武者絵,時局絵,花鳥画などを描き,三木光斎の号で南画も手がける。一時内務省にも勤務した。

(大久保純一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android