歌舞伎堂艶鏡(読み)かぶきどう・えんきょう

朝日日本歴史人物事典の解説

歌舞伎堂艶鏡

没年:享和3.9.20(1803.11.4)
生年:寛延2(1749)
江戸後期の浮世絵師。歌舞伎狂言の作者,2代目中村重助の画名ともされる。寛政8(1796)年の数カ月間しか作品を発表しておらず,現在7点の役者似顔絵が遺されるのみである。大判の似顔大首絵はいずれも東洲斎写楽の影響を受けているが,いくぶん温和な顔立ちに特色がうかがえる。<参考文献>落合直成「艶鏡問題について」(『浮世絵の研究』17号)

(内藤正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android