歌舞伎学会(読み)かぶきがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎学会
かぶきがっかい

日本演劇学会の分科会として発足した「歌舞伎を考える会」が発展的解消して,1987年 12月に発会した組織。伝統芸能である歌舞伎を保存するための研究と批評を目的とする。従来のように学者,研究者,評論家だけでなく,広い意味で歌舞伎に関心のある人材の参加をすべて認めているところに特徴がある。機関誌『歌舞伎-研究と批評』を年2回発行しているほか,シンポジウム,講演会など多彩な活動を続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android