歌舞伎新報(読み)かぶきしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎新報
かぶきしんぽう

演劇雑誌。 1879年2月創刊,通巻 1669号を数え,97年3月廃刊。初め歌舞伎新報社,のちに玄鹿館の発行。初期には仮名垣魯文らの編集で,劇評年代記,俳優の消息伝記などのほか,台本を初めて活字化し,掲載した。その後日本演芸協会と提携し,演劇改良運動に協力するなど,当時の劇壇事情を反映しており,資料価値が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぶきしんぽう【歌舞伎新報】

演劇雑誌。1879年2月~97年3月まで通巻1669号。加藤庄左衛門らが編集人で,はじめは歌舞伎新報社刊。1894年10月から中断し95年3月再刊。舞台の評判記や劇壇時事を掲載したが,特筆すべきは各座の上演狂言の梗概や脚本の連載。歌舞伎脚本の公表,活字化の端緒となった。これでしか読めない脚本も相当あり,明治期の演劇研究に欠かせない存在である。【大笹 吉雄

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android