演劇改良運動(読み)えんげきかいりょううんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演劇改良運動
えんげきかいりょううんどう

明治 10年代後半から 20年代にかけて行われた劇壇革新の運動。政府による歌舞伎高尚化の方針に基づき,劇場や風俗の洋式化,史実尊重,忠孝鼓吹の歴史劇創造,旧世話物の制約などをすすめた。劇界では 12世守田勘弥と9世市川団十郎が協力した。 1886年その頂点として末松謙澄らにより政界財界学者をバックに演劇改良会成立,洋風劇場設立案や翌年天覧劇を実現させたが,88年第1次伊藤内閣倒壊とともに消滅。そののち演芸矯風会,日本演芸協会などが生れたが,実らずに終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんげきかいりょう‐うんどう〔エンゲキカイリヤウ‐〕【演劇改良運動】

明治初期から20年代にかけて行われた、歌舞伎近代化しようとする改革運動。急激すぎて一般観客から遊離し、十分な成果は上がらなかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんげきかいりょううんどう【演劇改良運動】

江戸時代に悪所とみなされた芝居に対して,明治初年から20年代にかけて試みられたさまざまな改良運動をいう。明治政府の欧化政策や社会各分野の新時代の気運に応じて,まず興行者の12世守田勘弥と9世市川団十郎が,依田学海らの協力を得て,歌舞伎を高尚な演劇に革新することをめざした。有職故実家による史実や時代考証の重視,道徳的規範にのっとった人物像の設定など,いわゆる〈活歴劇〉がそれで,1878年6月,勘弥の新富座開場に際して団十郎は《松栄千代田神徳(まつのさかえちよだのしんとく)》を上演したが,民衆支持を得られなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演劇改良運動
えんげきかいりょううんどう

明治前期に行われた演劇に関する欧化改良運動。従来の歌舞伎の内容を卑俗、荒唐無稽とし、劇場構造や衛生面、茶屋制度による煩瑣(はんさ)な興行制度まで改良の要ありとした。演目の設定、人物像、筋立て、扮装、装置などの時代考証を厳密にし、人物も実名とする「活歴物」が作られ9世市川団十郎を中心に上演された。

1878年(明治11)の12世守田勘弥(もりたかんや)による新富座の開場のころからその運動が顕著となり、東京府知事が俳優・作者の代表を呼び、趣旨の徹底を図った。1886年(明治19)には、首相伊藤博文、渋沢栄一ら政財界人の協力を得て、末松謙澄(すえまつけんちょう)、外山正一(とやままさかず)による演劇改良会が結成され、末松は『演劇改良意見』、外山は『演劇改良論私考』を出版した。1887年には外相井上馨邸で天覧劇を実現、1888年に日本演芸矯風会、1889年に日本演芸協会と改組され、同年、洋風建築の歌舞伎座が開場した。ここまでが、他の改良運動とも連動するピークだった。演劇改良には、依田学海(よだがっかい)、福地桜痴(ふくちおうち)らが実作も含め深くかかわったが、その趣旨には森鴎外、坪内逍遙ら知識人の批判、一般の好劇家の反発があり、1890年代に終息した。

 一時的な啓蒙運動と考えられがちだが、鴎外や逍遙も改良の必要を論じており、文学、美術、音楽等隣接分野を含めた諸文化、政治的状況とも関連していた。現在では自明化している歌舞伎の保存と新作の必要という提唱や古典歌舞伎の舞台装置、扮装、人物造型や興行形式にも、その影響は及んでいる。

[神山 彰]

『神山彰著『近代演劇の来歴』(2006・森話社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えんげきかいりょう‐うんどう ‥カイリャウ‥【演劇改良運動】

〘名〙 明治初期から二〇年代の初めにわたって行なわれた演劇改革の運動。結果として、歌舞伎座が新築され、新史劇、新舞踊劇、新歌舞伎や壮士芝居、書生芝居が創始されて、新派劇の基礎をつくった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

演劇改良運動
えんげきかいりょううんどう

明治前期の歌舞伎界の革新運動
1877年前後から改良運動がおこり,9代目市川団十郎を中心に,脚本面では河竹黙阿弥福地源一郎らが協力して運動を進めた。'86年末松謙澄 (けんちよう) らが演劇改良会を設立。上からの改革にとどまり,具体的成果は少なかったが,歌舞伎の社会的地位の向上に役立った。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の演劇改良運動の言及

【歌舞伎】より

…名優の9世市川団十郎は,明治劇団の中心人物であり,しかも進取の気性に富んでいた。そこで,同じ志を抱いていた興行師12世守田勘弥とともに劇界を代表し,政界,財界,文人たちの後援のもとに,いわゆる〈演劇改良運動〉を実践した。従来の歌舞伎の特徴であった非合理的な筋立てと卑俗な内容をやめ,誇張された様式的演技術を廃し,高尚趣味と写実的・合理的な演技術を用いて,新時代にふさわしい演劇を創り出そうとした。…

※「演劇改良運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報