歓喜地(読み)かんぎじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歓喜地
かんぎじ

菩薩階位には諸説があるが,いちばん整備されている『瓔珞本業経』の 52位説によれば十信・十住・十行・十回向の次に来る十地の最初で,52位中第 41位のこと。長い修行の末,この位に上って初めてけがれのない智慧 (無漏智) を生じ,聖者となって大いに歓喜する位であるから,初歓喜地という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぎ‐じ〔クワンギヂ〕【歓喜地】

仏語。菩薩(ぼさつ)の修行段階である十地(じゅうじ)の第一。初めて聖者となり、その喜びにつつまれる位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎじ【歓喜地】

〘仏〙 菩薩の修行段階の一。菩薩の五十二位の第四十一位、十地の初地。煩悩を断ち、悟りに近づく喜びを得る。初歓喜地。堪忍地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぎ‐じ クヮンギヂ【歓喜地】

〘名〙 (pramuditābhūmi の意訳) 仏語。十地の第一。長い修行の末、菩薩が初めて聖者の列にはいる階位で、聖者になった喜びにつつまれる位。堪忍地初地
※即身成仏義(823‐824頃)「歓喜地者、非顕教所言初地、是則自家仏乗之初地」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android