コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓喜地 かんぎじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歓喜地
かんぎじ

菩薩階位には諸説があるが,いちばん整備されている『瓔珞本業経』の 52位説によれば十信・十住・十行・十回向の次に来る十地の最初で,52位中第 41位のこと。長い修行の末,この位に上って初めてけがれのない智慧 (無漏智) を生じ,聖者となって大いに歓喜する位であるから,初歓喜地という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぎ‐じ〔クワンギヂ〕【歓喜地】

仏語。菩薩(ぼさつ)の修行段階である十地(じゅうじ)の第一。初めて聖者となり、その喜びにつつまれる位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎじ【歓喜地】

〘仏〙 菩薩の修行段階の一。菩薩の五十二位の第四十一位、十地の初地。煩悩を断ち、悟りに近づく喜びを得る。初歓喜地。堪忍地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歓喜地の関連キーワード十住毘婆沙論堪忍地煩悩仏語悟り初地

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android