コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓送 カンソウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔クワン‐〕【歓送】

[名](スル)その人の出発を喜び、励まして送ること。「歓送会」
「あの空地で―されて行った青年の幾人かを知っていた」〈秋声縮図
[補説]「歓迎」に対して造られた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそう【歓送】

( 名 ) スル
〔「歓迎」の対語として作られた語〕
出発する人を励まし、温かく見送ること。 ⇔ 歓迎 「卒業生を-する」 「 -会」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歓送の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷大日本国防婦人会友田 恭助卒業生空地幾人対語

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歓送の関連情報