コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残夢 ザンム

デジタル大辞泉の解説

ざん‐む【残夢】

明け方に、うとうとと見ている。目が覚めてもなお夢心地でいること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんむ【残夢】

見残した夢。目覚めてからも、なお心に残る夢。また、明け方近くにうとうとしながら見る夢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の残夢の言及

【常陸坊海尊】より

…近世に東北地方に流布していた《清悦物語》では,海尊は不老長寿であったと伝えるところからすると,東北地方では,《義経記》と同材の物語が漂泊する語り手によって語られていて,早くから海尊自身の懺悔譚の傾向の強い語りがあったものと考えられている。《本朝神社考》《狗張子》《義経勲功記》などの近世の書物には,残夢あるいは残月と称する老翁が,不老長寿で源平合戦のことをよく知っていて,人々に話すので,尋ねてみると実は海尊であったとするものがあり,東北地方の地誌類にも同類の記事をときに見かける。これらの書物では,不老長寿の原因は枸杞(くこ),赤魚の肉,富士山の岩から湧出する飴のようなものを食したため,などとされ,ときには人羹(にんかん)魚の肉ともされる。…

※「残夢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

残夢の関連キーワード高橋正純(1)三村 千代子井上 友一郎中川 芳江鈴木 歌子川田 芳子慈心(2)和歌四天王井上友一郎高橋残夢酒中日記高橋正純石和 鷹高橋栄子岩崎鴎雨中川芳江日白残夢吉田如雲永田徳本桂園派

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残夢の関連情報