コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送る オクル

デジタル大辞泉の解説

おく・る【送る】

[動ラ五(四)]

㋐物や情報などを、先方に届くようにする。「荷物を―・る」「信号を―・る」「視線を―・る」
㋑人を、ある役割をもたせて差し向ける。派遣する。「刺客を―・る」「企業に人材を―・る」
㋒管轄を移す。「身柄を検察庁に―・る」

㋐行く人・去る人に付き従ってある所まで一緒に行く。「駅まで車で―・る」
㋑去って行く人に別れを告げる。見送る。「遠征する選手を駅で―・る」「卒業生を―・る」
㋒遺体に付き従って墓地まで行き葬る。また、死者を見送る。葬送する。「旧友を悲しみのうちに―・る」
時を過ごす。「失意の日々を―・る」
順々に先に移動させる。「手渡しでバケツを―・る」「バントで走者を次の塁に―・る」
送り仮名をつける。「活用語尾を―・る」
[可能]おくれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おくる【送る】

( 動五[四] )
〔「後おくる」と同源〕
物や手紙・情報などを他の地点に移動させる。届ける。
自分の手元にある物を、離れた地点や遠くにいる人のもとへ移動させる。 「報告書を-・る」 「実家からミカンを-・ってきた」 「為替かわせで金を-・る」
気持ちや考えが相手に届くようにする。 「声援を-・る」 「合図を-・る」 「秋波を-・る」
人をある場所に行かせる。派遣する。 「特使を-・って交渉にあたらせる」 「国際会議に代表を-・る」 「息子を戦場へ-・る」
去って行く人と一緒に行く。 ↔ 迎える
去って行く人に、途中まで、あるいは目的地までついて行く。 「駅まで-・って行く」 「車で家まで-・る」
去って行く人に対し、別れる地点で名残を惜しんだり別れの挨拶あいさつをしたりする。 「成田空港で両親を-・った」 「 A 君を-・る会」
死んだ人に別れを告げる。また、葬る。 「あしひきの荒山中に-・りおきて/万葉集 1806
(時が)過ぎ去るままにする。時を過ごす。 「少年時代を北海道で-・った」
順々に次の場所へ移す。 「ボールを手から手へと-・る」 「膝ひざを-・って席をつめる」
送り仮名をつける。 「動詞は活用語尾から-・る」
つぐなう。報いる。 「恩ヲ-・ル/日葡」
[可能] おくれる
[表記] おくる(送・贈)
「送る」は“先方へ届くようにする。時を過ごす”の意。「金を送る」「代表を送る」「駅まで送る」「少年時代を海外で送る」  「贈る」は“贈り物をする。称号などを与える”の意。「花束を贈る」「感謝の言葉を贈る」「勲三等を贈る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

送るの関連キーワードCover Letter風月を友とするショートパス後家を立てる目を呉れるクロスパス熱空気暖房シグナル有線電信索居独棲横目遣い入れ日記知らせ文酒嚢飯袋活用語尾送り仮名日を消す郵便料金問罪の師進上書

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

送るの関連情報