送る(読み)オクル

デジタル大辞泉「送る」の解説

おく・る【送る】

[動ラ五(四)]

㋐物や情報などを、先方に届くようにする。「荷物を―・る」「信号を―・る」「視線を―・る」
㋑人を、ある役割をもたせて差し向ける。派遣する。「刺客を―・る」「企業に人材を―・る」
㋒管轄を移す。「身柄を検察庁に―・る」

㋐行く人・去る人に付き従ってある所まで一緒に行く。「駅まで車で―・る」
㋑去って行く人に別れを告げる。見送る。「遠征する選手を駅で―・る」「卒業生を―・る」
㋒遺体に付き従って墓地まで行き葬る。また、死者を見送る。葬送する。「旧友を悲しみのうちに―・る」
時を過ごす。「失意の日々を―・る」
順々に先に移動させる。「手渡しでバケツを―・る」「バント走者を次のに―・る」
送り仮名をつける。「活用語尾を―・る」
[可能]おくれる
[類語](1㋐)届ける送り付ける送り届ける送付する送達する発送する託送する郵送する差し出す仕向ける(便りを)出す寄せる/(1㋑)差し向ける向ける発するつかわす差し遣わす派する派遣する差遣する/(1㋒)回す移す送致する移送する/(2見送る送り出す歓送壮行送別目送/(3過ごす費やす暮らす明かし暮らす明け暮れる消光する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android